何故バイアグラは人気?答えは先発医薬品!

ED治療薬の一種であるバイアグラは現在実用化されている三種類の薬の中でも最も知名度が高い薬となっています。
ここ最近の人気ということになると少々押され気味であるものの、ED治療の分野においてはやはり高い人気を誇っているというのは疑いようもない事実です。
ですがどうしてバイアグラだけがこうも高い人気を得ているのかが分からないと言う人は少なくありません。
ではどうしてバイアグラには高い人気があるのかというと、その最大の理由は「ED治療薬における最も歴史のある先発品だから」ということです。
歴史があると言ってもアメリカで販売が開始されたのは1998年ですからまだ20年弱の歴史しか無いのですが、1998年以前の社会ではEDは治らない病気だとされていたのです。
もちろん精神医療や外科手術、注射などの治療によってEDを改善する方法は確立されていましたが、いずれにせよ患者への負担が大きいか症状緩和の可能性が100%ではないという問題を抱えていたのは事実です。
そうした社会の中で登場したバイアグラは「服用するだけでEDの症状が緩和される」という極めて大きなインパクトを持っていました。
これは日本でも同じことが言え、通常であれば日本での製造承認は日本での臨床試験データが無くては出来ないとされていたにもかかわらず、アメリカで行われた臨床試験データをそのまま適用して製造承認を行ったのです。
それからバイアグラは「EDを治療する夢の薬」といったイメージを与えられてさまざまな層に受け入れられ、現在のような高い人気を誇るようになったのです。
最近ではバイアグラの短所をカバーする新しい薬も出てきているために先に述べたように人気は押され気味になっているのですが、それでも初めてのED治療薬ということでバイアグラを選ぶ人は多く、今後も人気は変わらず続いていく可能性が高いと言えるでしょう。

バイアグラは高い?ジェネリック医薬品なら多種多様

バイアグラは保険が適用されない医薬品であるために病院で処方をしてもらうとなると1錠で1500円前後とかなり高額な薬となっています。
一度飲めばしばらく効果が続くのであればまだ良いでしょうが、バイアグラは服用した後4~5時間ほどが経過すると効果が無くなってしまうため、週に1回使うとしても6000円ほどかかることになってしまいます。
もちろんEDが治療できるということであればこうした費用負担も安いものだと感じられる人もいるでしょうが、そうではなくもう少し安く治療ができないのかと考える人も多いものです。
ではどうすれば良いのかというと、そこで候補に挙がってくるのがジェネリック医薬品です。
ジェネリックとは後発医薬品のこと、つまり先に開発された薬を参考にして別のメーカーが作った医薬品のことで、日本では特許期間が満了した成分の場合は他のメーカーが同じ成分を使って薬を作ることを許可しています。
ジェネリックだと1500円ほどしたバイアグラが1000円前後の価格で購入できることも多く、これであれば4週間使っても4000円で済みます。
「ジェネリックは効果が薄いのではないか」という先入観を持っている人も時折見られるのですが、先に述べたように有効成分は同じであるために効果もほとんど変わりません。
一応有効成分以外の成分や製法が微妙に異なることで若干の違いが出てくることはありえるとはいえ、有効成分が同じなのですからおおよその効果は同じであると考えられますから、単純に「ジェネリックならばバイアグラが安く買える」と考えて良いでしょう。
現在ではED治療専門のクリニックを中心にバイアグラのジェネリックの処方に対応しているところが増えていますから、費用負担を軽減したいのであればジェネリックの処方に対応しているクリニックに行ってみましょう。

バイアグラを持病の薬と併用など出来るのか

持病がある人がバイアグラを使うという際には「現在飲んでいる薬と併用することはできるのか」ということが気になるポイントになるでしょう。
もし難病を患っていてその治療のために毎日薬を飲まなくてはならないということになると薬の愛称を考えないわけにはいきません。
ですがバイアグラとの併用ができない薬は基本的に心臓病に関連する薬だけで、もし今飲んでいる薬が心臓病に関連するものではないということであれば併用はほぼ問題ありません。
現在バイアグラが併用禁忌薬、つまり併用してはならない薬として指定しているのは塩酸アミオダロン製剤と硝酸剤、それと慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療に使われるリオシグアトの三種類で、これら以外であれば基本的には併用してもかまわないのです。
一般的に市販されている風邪薬やうがい薬、胃薬といったような薬であれば併用をしても問題は起きないと考えて良いでしょう。
ただ、現在薬は飲んでいないということであっても肝機能障害や低血圧を抱えているという人は体質的にバイアグラを服用することはできないとされていますし、脳梗塞・脳出血が過去6カ月以内に発生したことがある人もバイアグラを飲むことでその症状が再発する恐れがあるために処方が禁じられていますから注意が必要です。
またこうした薬の名前だけを出されても、本当に自分が該当する薬を飲んでいないと自信が持てないこともあるでしょう。
そうした場合には遠慮せずにバイアグラを処方してもらう医師に相談するようにしてください。
医師はそうした患者の疑問に対して答えるのも仕事ですし、互いに理解を深めるためにも常用している薬については知っておいてもらうべきですから、処方してもらう際にはなるべく自分が飲んでいる薬のことを伝えるようにしましょう。

ED治療薬といえば、バイアグラがやはり有名です。何故、バイアグラがそんなに有名なのか?効果が高いから?安く買えるの?使っている人が多いのは何故?と言ったバイアグラとはなんぞや?と思った私自身が調べた内容をお伝えしていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る